「世のため・人のため・地球のため」に
千田清掃は行動します!

 
有限会社千田清掃は、先々代の祖父・千田信治が銀行を脱サラし横浜から三輪車のバキューム車を購入し千田衛生社として昭和27年創業いたしました。
人の嫌がることに積極的に行動し企業30年という寿命がある時代、約70年間にわたり地域の環境衛生向上のために生き続けてまいりました。
私の代になり、地域の皆様の役に立ちたい、そして未来の子供たちのためにこの素晴らしい自然豊かな故郷(地球)を守りたいとの一心で地球温暖化防止資源循環型社会に貢献するバイオディーゼル燃料事業大規模太陽光発電をはじめとした自然再生エネルギー事業、そして少子高齢化時代の今・暮らしのお困りごと解決するサポート事業を立ち上げてまいりました。
この間、多くの皆様に千田清掃は支えて頂きました。
これからはそのご恩に報いるために役職員一丸となって「世のため・人のため・地球のため」に行動して参りたいと思います。
笑顔で挨拶・感謝の心をモットーに多くの皆様とのご縁に感謝し、自然災害が多発する現代の中で協力して故郷(地球)を守り社会に貢献し続けて参ります。

ご縁に感謝
代表取締役  千田 信良

「世のため・人のため・地球のため」に
千田清掃は行動します!

 
有限会社千田清掃は、先々代の祖父・千田信治が銀行を脱サラし横浜から三輪車のバキューム車を購入し千田衛生社として昭和27年創業いたしました。
人の嫌がることに積極的に行動し企業30年という寿命がある時代、約70年間にわたり地域の環境衛生向上のために生き続けてまいりました。
私の代になり、地域の皆様の役に立ちたい、そして未来の子供たちのためにこの素晴らしい自然豊かな故郷(地球)を守りたいとの一心で地球温暖化防止資源循環型社会に貢献するバイオディーゼル燃料事業大規模太陽光発電をはじめとした自然再生エネルギー事業、そして少子高齢化時代の今・暮らしのお困りごと解決するサポート事業を立ち上げてまいりました。
この間、多くの皆様に千田清掃は支えて頂きました。
これからはそのご恩に報いるために役職員一丸となって「世のため・人のため・地球のため」に行動して参りたいと思います。
笑顔で挨拶・感謝の心をモットーに多くの皆様とのご縁に感謝し、自然災害が多発する現代の中で協力して故郷(地球)を守り社会に貢献し続けて参ります。

ご縁に感謝
代表取締役  千田 信良
千田清掃集合写真
千田信良
トピックス

topics

環境出前講座始まりました!

2022.6.16
   

 今年度も環境出前講座がスタートしました!
 初回は登米市の加賀の小学校様にお邪魔しました。
 子供たちは元気いっぱい!地球温暖化といま私たちにできることを真剣に考えてくれました。講座のあとは恒例のバイオカート試乗。今回もたくさんの笑顔をいただきました。今回の講座が加賀野小学校様のHPで紹介していただきました!是非ご覧ください。
 
https://www.tome-c.ed.jp/kagano-syo/blogs/blog_entries/view/81/ff86d772d492dbaf8e17c6abdfb53f1a?frame_id=17

自衛隊の皆さんが施設見学にお越しいただきました!

2022.6.16
 

 皆さん、もうすぐ梅雨に入ります。しけ寒かったり暑くなったり、季節の変わり目、体調を崩さないように注意しましょう。
 さて先日、大和駐屯地援護センター様が施設見学にお越しいただきました。会社の概要の説明のあと、バイオディーゼル燃料プラントの見学をしていただきました。
 当社では自衛官OBの社員が7名在籍しています。施設見学の後はOB社員と情報交換会を行いました。

河北新報に掲載されました!

2022.5.30
   

 530日付の河北新報に、当社社長・千田信良の記事が掲載されました!当社のBDF事業や、環境教育について紹介していただいています。
ぜひご覧ください!

河北新報に掲載されました。

重機レンタルはじめました!

2022.5.25
 

 バイオディーゼル燃料を入れてお使いいただける重機のレンタルを開始しました!3月から現場での稼働はしていたのですが、4月1日からバイオディーゼル100%での稼働を開始。当社のバイオディーゼル燃料は高品質・高純度な製品ですので、もちろんトラブルはなし!カーボンニュートラルなバイオディーゼル燃料で、元気に動いています!
 
 当社は温暖化防止のために、バイオディーゼル燃料を製造するだけでなく、普及のためにもできることから1歩ずつ取り組んでまいります!

重機レンタル

国内初、バイオディーゼル30%混合燃料で実証実験!

2022.4.8
   

 41日から、阿蘇くまもと空港でバイオディーゼル燃料を30%混合した軽油、B30燃料の使用実証実験が始まっています!
 
RKK熊本放送「国内初バイオ30%混合の燃料で実証実験【熊本】 https://news.yahoo.co.jp/articles/ff852aa5af1f6fb514d22f7ac46cdf71658a283a
 
 日本では、過去にバイオディーゼル燃料の品質面に不安があった関係で、バイオディーゼル燃料の混合割合を5%までとし、厳格な品質規格を設けています。
しかし、この実験では高純度バイオディーゼル燃料(純度99.9%)が使われており、30%混合しても、5%混合燃料(B5)の品質規格を混合割合以外すべてクリアしています。
 
 実はこの高純度バイオディーゼル燃料、当社にあるものと同じ機械で製造されたものなんです!熊本より少し遅れてしまいましたが、当社でも自社車両でB30の実証実験を行うべく、準備を進めているところです。
 B30の利用が実現すれば、現行のB5に比べ、6倍二酸化炭素排出量を削減することができます。熊本や当社での実証実験でB30の品質を証明し、二酸化炭素排出量の削減に向けてチャレンジを続けていきます!

SDGs宣言書を作成しました!

2022.3.10
SDGs宣言書を作成しました。

SDGsへの取り組み

2022.3.4
   

弊社では昨年度より持続可能な社会の実現に向け、SDGsの取り組みをしてきましたが、この度七十七銀行古川支様のご指導の下、SDGs宣言書を策定しました。
そのことが大崎タイムスさんに掲載されましたのでご紹介させていただきます‼
これからも持続可能な社会の実現と持続可能な会社つくりを目指して行動していきます。

だめだっちゃ温暖化通信

\私たちが製造しています/

みなさんこんにちは!エネルギー部の高野です。今月は少々趣向を変えまして、当社で製造しているバイオディーゼル燃料についてご紹介したいと思います!
 

バイオディーゼル燃料とは?

バイオディーゼル燃料とは、廃食用油(使用済みてんぷら油)をリサイクルした、地球に優しい軽油の代替燃料、つまり軽油の代わりとして使える燃料です。
ガソリンや軽油、灯油といった化石燃料は、燃やすと二酸化炭素を発生させます。この二酸化炭素は、大昔の植物が空気中から取り込み、化石燃料としてずっと地中にあったものなので、燃やすことで地球上の二酸化炭素が増え、温暖化の原因になってしまうんです。
バイオディーゼル燃料も、燃やすと二酸化炭素が発生します。しかしこの二酸化炭素は、食用油の原料になった植物が現代の空気中から取り込んだものなので、二酸化炭素の排出量が実質ゼロ、カーボンニュートラルということになります!

どんなところで使われているの?
軽油の代わりに使える燃料なので、軽油で動くものに使用することができます。例えば、トラックや工事現場の重機、発電機、フォークリフト、農業機械などで使われていますよ!
当社のバキュームカーや油の回収車、ベンリーの業務車両など、ディーゼルエンジン車にはすべてバイオディーゼル燃料、または軽油とバイオディーゼルの混合燃料を給油しています。また、バイオディーゼル燃料と廃食用油で発電も行っていて、当社で使用している電気はすべて、二酸化炭素排出量実質ゼロのクリーンなものです!
 
使用済みてんぷら油の回収に、ご協力ください!
バイオディーゼル燃料の原料となる廃食用油は、主に宮城県内を中心に約900ヵ所にのぼる飲食店、食品工場、ホテル、旅館、社員食堂などから回収をしていますが、大崎市・登米市・大衡村では、市民の皆様からの油も回収しています!ご家庭から出る使用済みてんぷら油は、ぜひ捨てずに回収に出してください。私たちと一緒に、温暖化防止に取り組んでいきましょう!

 
有限会社千田清掃 エネルギー部  高野友美
2022.06.01